こんな都市伝説をわざわざ取り上げる本当の理由。情報配信中
→https://line.me/R/ti/p/%40bry1886j
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
基礎を理解し安定した利益を得たいあなたはこちら↓
https://valuclouds.net/l/u/9hu0V1ozouA

↑ぜひ両方受け取ってください!↑

▼Bitcoinの登場と台頭が30年前に予言されていた件がよくわかる動画BEST3

1.人工知能が予測する2018年仮想通貨ビットコイン価格 都市伝説と割り切れない的中率 ホリエモン池上彰並にわかりやすく解説

2.【ウソ?ホント?】やりすぎ都市伝説2017冬を考察!ビットコイン創始者は日本人?【2017/12/22】

3.ビットコイン 過熱 220万円に! 「億り人」が続出

——————————–

Bitcoinの登場と台頭が30年前に予言されていた件

仮想通貨投資家の皆様こんにちは。
仮想通貨クラウドのあおいです。

今回はちょっと趣向を変えて、都市伝説的なお話です。
投資の参考にも、もしかしたらなるかもしれません。
仮想通貨(暗号通貨)は2008年にBitcoinが誕生したことに端を発します。
このBitcoinの誕生が、なんと30年前の経済誌に予言されていたというお話があります。

その雑誌とは、現在も発行されている、「The Economist」という経済誌です。
これがその刊の表紙です。

フェニックスが描かれ、真ん中にはどこかで見たような金貨の画像があります。
金貨をよく見ると2018 PHOENIXと書かれています。
そして下には燃えている現行紙幣が描かれています。
右上にある文字は日本語訳すると、”世界通貨に備えよ”

2018年の仮想通貨の台頭を予言していたかのような表紙ですね。
仮想通貨は世界中で共通で使える通貨ですから、世界通貨の表現もしっくり来ます。
そして、歴史ある経済誌ですから、なんとなくアートとしてこの表紙にしたとは考えにくいです。

同誌の9~10ページ目には、具体的に予言まで書かれています。

「今から30年後、アメリカ人、日本人、ヨーロッパ人、他の豊かな国の人々も比較的貧しい人々も同じ通貨で買い物をするようになるだろう。その通貨はドルでも円でもドイツマルクでもなく、“フェニックス”と刻印されることだろう。
企業や消費者は、その利便性において、このフェニックス通貨を既存の国家通貨よりも好むようになるだろう」

これまで人類には長い歴史がありますが、世界中で共通して使われる通貨というのはBitcoin以前には存在していません。
なので、今回のこの内容を無理やりBitcoinにこじつけた、とも言い難いですよね。

深掘りして調べてみると、時価総額2位の仮想通貨Ethereumは秘密結社「イルミナティ」の中核を成すロックフェラー家の息がかかっているといわれています。
ロスチャイルド家、ロックフェラー家といえば、世界経済を裏で操っているとも言われていますよね。

そして今回のこのThe Economistという雑誌はグループのオーナーにはロスチャイルド家が名を連ねています。
今回の雑誌の表紙に描かれているコインには、PHOENIX(フェニックス)と書かれています。
調べてみましたが、未だフェニックスという名前のアルトコインは発行されていませんでした。
今後、ロスチャイルド家の息のかかったフェニックスコインが登場してとんでもない価格まで高騰し、仮想通貨業界を牛耳ってしまうのでしょうか?

と、ここまでは都市伝説で、ここからが投資マインドのお話です。
実は、今回のこのThe Economistのお話は結構有名な海外のニュースサイトに掲載され、非常に多くの人に読まれています。
大衆の目に触れたということは、少なからず大衆心理に作用するということです。
PHOENIXという通貨が今後もし登場すれば、もしかしたら!と思う人が押し寄せ大きな高騰を見せるかもしれませんね。
こういった情報から大衆心理を読み、投資することで短期的に大きな利益を出せる場合も多くあります。
なので仮想通貨の価格だけでなく、関連の最新ニュースは随時チェックしておくことをオススメします。
本チャンネルでは今後も、最新の情報をなるべく早く解説できるようにしていきます。
本当の本当に超最新の情報が気になる方は、ぜひLINE@にもご登録くださいね。

信じるか信じないかは、あなた次第です!